AGRの認定ラベル

Joyaは独特のソール技術により、柔らかい弾性素材が提供するポジティブな効果を、筋骨格系をサポートするために使用しています。ドイツ脊椎健康推進協会(AGRと略記)は、JoyaにAGR品質ラベルを授与し、Joyaを特に脊椎に優しい製品として推奨しています。

AGR品質ラベルは、人間工学に基づいた製品を購入する際に消費者に最適な方向性を提供し、望まない不要な製品の購入を避けるために役立ちます。

消費者にとって、どの製品が脊椎や筋骨格系に最適か、また同時に、ストレスおよび緊張を和らげ、引き起こさない製品かどうかを認識するのは困難です。靴の大多数は、見た目からは背中に優しいデザインであるか、腰痛を予防できるか、その効果を直接認識することはできません。

AGR品質ラベルは、業界や店舗からは完全に中立なため、こういう場合に非常に役に立ちます。 複数の専門家によって認められたAGR品質ラベルの高い水準は、AGRが二つのドイツ最大のバックトレーニング協会と共に作りあげた独立した専門家委員会の厳しいテスト基準によるものです。

 

以下のフォーラムによりテスト、推奨されました。

ドイツ健康脊椎協会、ドイツバックトレーニング施設協会。詳しい情報はAGR e. V., Stader Strasse 6, 27432 Bremervördeまで。 Webサイトは www.agr-ev.de

 

チューリッヒ工科大学(ETH)による研究

Joyaの靴がウォーキングの際の歩行に与える影響を調査するために、また歩行力の研究のため、チューリッヒ工科大学(ETH チューリッヒ)のバイオメカニクス研究所が歩行解析による調査を行いました。

この試験では、12人が参加し、裸足またはJoyas、KyBoots、MBTsを履いたときの運動シーケンスを調べました。 この解析では、足への衝撃を高速ビデオで録画、地上反力の運動測定、および身体位置と動きを測定しました。

チューリッヒ工科大学での結果はJoyaに有利でした。最初のかかとに対する衝撃のフェーズでは、Joyaソールのクッション効果により裸足での歩行や走行に比べても相当(2倍から5倍)衝撃を軽減しました。Joyaはソールのソフトで弾力性に富む構造で、しなやかさを生み出し、はるかに大きな可動域を作り出します。私たちが砂、登り坂や下り坂といった自然の凸凹のある道を裸足で歩くときも、可動域は自然に大きくなります。ソールのソフトで弾力性に富んだ構造は、歩くときにエネルギーを燃焼し、筋肉に運動効果を与えます。Joyaのシューズでは、従来のシューズに比べて動きの軌道が、なめらかな線を描きます。カール・ミューラーのシューズとラウンドソールの靴とで、上半身の姿勢には変わりはありませんでした。

 

The Swiss Federal Institute of Technology’s results speak in favour of Joya

  1. In the first heel-strike phase, the cushioning effect of the Joya sole reduces the forces affecting the body considerably (by a factor of 2 to 5) compared with walking/running barefoot.
  2. Joya produces a far greater range of motion as the sole’s soft, supple structure makes it very yielding. When we walk barefoot on an uneven, natural surface (on sand, uphill, downhill, etc.), the range of motion is also naturally larger. The soft, supple structure of the sole makes it likely that more effort will be required, more energy burned and the muscles will get more exercise.
  3. In Joya shoes, motion graphs generally follow a smoother track (less jerky) than in conventional shoes.
  4. No difference was found between the Karl Müller shoes and the round-sole shoes when it came to upper body posture.

出典: 

Summary ETH study “Gait parameters of various shoes” (PDF, 4MB)

Full length ETH Studie in German"Gangparameter von verschiedenen Schuhe" (PDF, 7MB)

研究はドクター・シルヴィオ・ロレンゼッティとドクター・レネート・リスト、パトリック・ヒルトポルド、アライン・ミュールの共同で行いました。 (c) ETH Zürich 2011.

 

 

スイスの靴メーカーJoyaは、腰に優しい靴を開発、販売しています。Joyaはユニークな歩行感覚を可能にし、自然なローリング運動を再現します。AGR(ドイツ脊椎健康推進協会)に従い、Joyaの靴は特に腰に優しく、誰もが欲しがるAGRクオリティシールによって他社と一線を画しています。特許取得済の柔らかい靴底は、足裏にかかる圧力を最適に分散します。これにより、足底にストレスが集中することを防止します。Joyaは歩行の際に足を沈め、同じ側のヒップが下がります。この動きにより腰の筋肉が安定する必要があり、腰痛などの問題に良い影響を与えます。柔らかいPUソールの強いクッション効果は、脊椎への圧力減らし、そのメリットは大きいものがあります。