Joyaシューズの利点

現代社会では、コンクリートやアスファルトといった固い道路を歩くことが多く、さらに歩くのも立つのも辛い靴を履いていることもあります。その結果、痛みを伴う状況を引き起こしたり運動系器官の治療を必要とすることになり、世界中の医療サービス資金に大きな負担が生じます。

Joyaの靴は自然な動きのプロセスをサポートし、アクティブなウォーキングを促進します。また姿勢を良くするため腰や関節が楽になり、痛みを和らげる効果もあります。

Joyaは独自の歩行感覚を提供します。最初の一歩から他の靴との違いが実感できます。そのソフトな感触は、「快適な靴」の新基準とも言えます。さらにファッショナブルなデザインと快適さを兼ね備えています。Joyaは今までにない「ソール技術」を開発し、多様なニーズに応えています。

徹底した調査により、Joyaの製品ラインナップは AGR (ドイツ脊椎健康推進協会) により2016年には特に腰に優しい靴として認められ、さらに待望のAGR品質認定を受けました。この認定は、AGRがドイツ最大のバックスクールの2協会と共同で開発したもので、人間工学に基づいた製品を購入するための消費者向けのガイドラインとなります。厳しい試験基準と優れた医療専門家たちの努力によって、AGRの品質認定は医療界でも高い評価を受けています。

多くのお客様が身体への効果を実感していただいています。

Joyaの利用者の声をお届けします

 

© Joya International AG

スイスの靴メーカーJoyaは、腰に優しい靴を開発、販売しています。Joyaはユニークな歩行感覚を可能にし、自然なローリング運動を再現します。AGR(ドイツ脊椎健康推進協会)に従い、Joyaの靴は特に腰に優しく、誰もが欲しがるAGRクオリティシールによって他社と一線を画しています。特許取得済の柔らかい靴底は、足裏にかかる圧力を最適に分散します。これにより、足底にストレスが集中することを防止します。Joyaは歩行の際に足を沈め、同じ側のヒップが下がります。この動きにより腰の筋肉が安定する必要があり、腰痛などの問題に良い影響を与えます。柔らかいPUソールの強いクッション効果は、脊椎への圧力減らし、そのメリットは大きいものがあります。