よくある質問にお答えする前に

よくある質問にお答えする前に、もう一度、Joyaシューズの人体に及ぼす効果についてご説明いたします。

ソフトで弾力性に富んだ表面が運動器官のストレスを和らげます。

ソフトで弾力性に富んだ表面が運動器官系に与える効果は(よくある質問の「感覚運動訓練」の項参照)これまで長い間理学療法士の間で利用されており、予防・リハビリの分野では極めて典型的なものです。Joyaブランドはこの原理を利用してシューズを開発してきました。特許を取得しているJoyaのソフトで弾力性に富んだソールは、歩行や立っているときの負荷を特定の場所に集中させず、理想的に分配します。踵がJoyaのソフトなソールに当たる時、足、ヒップ、腰の関節の周囲の筋肉を活性化させる細かい動きを起こします。ソフトなポリウレタンのソールはクッション効果を持ち、背骨への圧力を軽減し脊椎円板への負担を軽くします。

 

 

一般
足の問題
膝と股関節
腰痛
スイスの靴メーカーJoyaは、腰に優しい靴を開発、販売しています。Joyaはユニークな歩行感覚を可能にし、自然なローリング運動を再現します。AGR(ドイツ脊椎健康推進協会)に従い、Joyaの靴は特に腰に優しく、誰もが欲しがるAGRクオリティシールによって他社と一線を画しています。特許取得済の柔らかい靴底は、足裏にかかる圧力を最適に分散します。これにより、足底にストレスが集中することを防止します。Joyaは歩行の際に足を沈め、同じ側のヒップが下がります。この動きにより腰の筋肉が安定する必要があり、腰痛などの問題に良い影響を与えます。柔らかいPUソールの強いクッション効果は、脊椎への圧力減らし、そのメリットは大きいものがあります。